プリザーブドフラワーは生花に比べて見劣りしない?

造花などで良くあるのが、生花に比べて見落としてしまうという点でしょう。スキルもかなりある人が造花をすればそれなりに見劣りしない造花を作ることはでいるのです。そこで、プリザーブドフラワーは普通の鼻に比べて見劣りはしないのでしょうか。


<プリザーブドフラワーは生花から作るから形状自体は普通の花と同じ>

プリザーブドフラワーは、普通の生花から加工されて製造されます。色は加工されますが、形状自体は普通の生花通りの形状を保った度下りの仕上がりです。ですから、遠目で見ても普通の花と何ら変わりないように見えることでしょう。


<柔らかさやみずみずしさは?>

柔らかさやみずみずしさはどうでしょうか。これも、水分は一応抜かすのですが、一応グリセリンや着色料などの液体を花にしみこませます。ですから、みずみずしさは自然なものではありませんが造花に比べてかなりみずみずしく、柔らかい仕上がりとなっています。


<色は?>

色は、改めて着色料で色を改変します。もちろん、元のお花の色を作って着色すれば普通の鼻と同様になります。しかし、プリザーブドフラワーの良い所は自然界になさそうな色に着色できる点にもあるのです。プリザーブドフラワーは自然な花を保存するのにも、自分でアレンジするのにも優れています。

30. 5月 2014 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment