プリザーブドフラワーのバリエーション・光る花

プリザーブドフラワーの楽しさは、生花と同じような風合いで長持ちするということもありますが、生花にはないバリエーションが作り出せるということにあります。
例えば色も然りで、生花にはない色が、プリザーブドフラワーにはあり、レインボーローズという虹色のバラが人気です。
「ガラスの仮面」の漫画の中に都度都度出てくる紫の薔薇に憧れて人も多いでしょう。
生花では大変高価なものでしたが、比較的安価にプリザーブドフラワーでは紫の薔薇でブーケを作ることもできます。
その他にもアイデアひとつでバリエーションが広がります。


<光るバラのバリエーション>

使用する溶剤が発光するものであれば、それを染みこませたプリザーブドフラワーも発光します。
蛍光塗料は発光色の種類も増えています。
プリザーブドフラワーの花色と発光色の組み合わせで数種類出来ることになるのです。
花色はピンク、イエローオレンジ、パープル、パステルカラー、レインボー、レッドなどがポピュラーですが、発光色には青色や緑色があります。
これだけでも組み合わせがグッと増えることになります。
発光塗料は蛍光灯に10数分照らされることでも発光することができますので、太陽光の照射で劣化することもありません。

28. 8月 2014 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment