あの日の感動をプリザーブドフラワーと共に語る

出産祝いに、子供の生まれた季節の花を贈ると子供が産まれた季節にはこんな花が咲くのだと、その花が咲く季節を忘れないものです。その花を見ると産まれた時の感動もよみがえるものです。いつまでもその感動を忘れずにいたいと思う方には、その花をプリザーブドフラワーにすることをおすすめします。見た目は生花と間違うほどですので、美しいままの状態でいつまでも楽しむことが出します。


<子供に生まれた季節の花と共に思い出を話す>

子供の誕生日を忘れないものですが、「その時に咲いていた季節の花は何」?と聞かれると覚えていない方は多いのではないでしょか。出産祝いに花を頂くことも多いと思います。その中にはその季節の花を贈る方もいます。その花を子供の産まれた季節の花と忘れないように、プリザーブドフラワーで長期保存加工すればいつまでも美しい状態で楽しむことが出来ます。子どもが成長した時に「あなたが産まれた時にはこんな綺麗な花が咲いていたのよ」と産まれた日の話をしてあげることも出来ます。あの日の感動をいつまでも忘れず、また子供にその時お父さんとお母さんはどんなふうに思ったなど、話をしてあげられるようにプリザーブドフラワーはそのお手伝いをしてくれる花です。

11. 4月 2014 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment