プリザーブドフラワーをアレンジして贈ろう

花屋で花束を作ってほしい時には、店員にお願いすると花束を作ってもらう事が出来ます。
しかし、プリザーブドフラワーはそう言う事が出来ずデザインされているものが多くアレンジしてもらう事が出来ない点がネック。確かに店で売られている商品はそうなのですが、自分で手作りしてしまえば好きなようにアレンジすることが可能です。最初からプリザーブドフラワーを作るのは大変ですが、花材を購入してしまえばあっという間に作ることが出来ます。花材は通販サイトで購入できますので、好きなお花を集めて色々アレンジをしてみませんか。アレンジはその人次第で大きく変わってくるものですから、新しい発見をすることも出来るでしょう。
目ぼしい商品を見つけることが出来ずに悩んでいる方も、自分好みに作ってしまう事が出来るのでおすすめです。慣れるまでは大変ですし失敗してしまう事もあるでしょうが、少しずつ慣れてきて作る楽しさを味わえるようになるはずです。


プリザーブドフラワーでキャンドルを作る

自分で花材を利用してアレンジすることが出来るという事は、それだけ様々なものに用いることが出来るという事です。
バスケットを購入してきてそこにプリザーブドフラワーの花材を上手に飾り付けて素敵なバスケットに変えることが出来ますので、お部屋の印象もまた少し変わってきます。
中でもおすすめなのはキャンドルです。普通のシンプルなキャンドルにプリザーブドフラワーを少し付け加えるだけで、店に売っているようなものへと変えることが出来ます。使用する色にもよりますが明るくて可愛らしいものから、シックで落ち着いたものまで作ることが出来るので楽しいです。自分用として楽しむだけではなくて、友人などに贈ることも可能なので活躍してくれる幅が広がります。
すでに完成されているキャンドルも数多くありますが、時には自分で作ってプレゼントしてあげるというのも素敵な事ではないでしょうか。


バルーンの中に入れてみる!

誕生日や結婚祝いとして贈られることが多いバルーンプレゼント。
バルーンの中にはちょっとしたぬいぐるみや生花が入れられていることが多く、バルーンを割って取り出す仕組みになっています。そのまま飾ることも可能ですがバルーンがしぼんでしまう、中のお花がしおれてきてしまうということがあります。そんな時は、バルーンの中にプリザーブドフラワーを入れてみましょう。生花は美しさを保てる時間が短いです。ですが、プリザーブドフラワーにしてしまえば、バルーンがしぼんでしまってもお花は大丈夫ですから長く飾ることが出来ます。もともとバルーンの中にプリザーブドフラワーが入れられていることがありますが、店によってはオーダーメイドが可能なので、その際相談してみるのが良いです。

17. 9月 2015 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment

不思議なプリザーブドフラワーの仕組み

見た目は生花なのに、なかなか枯れないのがプリザーブドフラワーです。
なぜなかなか枯れないのでしょうか?
また、通販サイトなどを見ていると黒かったり青かったりするバラがあります。
どうしてそんな色のバラを育てることができたのでしょうか?
そんな不思議に包まれたプリザーブドフラワーの仕組みを解説いたします!


プリザーブドフラワーが簡単に枯れない仕組み

プリザーブドフラワーには特殊な加工が施してあります。
なぜ、なかなか枯れずに長持ちするのかというと、グリセリンなどの保存液を染み込ませているからです。
保存状態にもよりますが、これによって数ヶ月から最長5年も瑞々しい美しさを保っているという記録が残っています。
ただし生花と違って、水を与えたり直射日光を浴びせたりすると劣化してしまいます。
劣化すると、色落ちしたり花びらがひび割れたりするので注意が必要です。


色をつけることが出来る

保存液を染み込ませる段階で、着色料を用いて色をつけることが出来ます。
これによって、自然にはあり得ない色をしたお花を作ることが出来るというわけです。
黒や青のバラ、花びらの中心とその周りで異なった色をしたお花を作ることも出来てしまいます。
以上、プリザーブドフラワーの不思議の仕組みでした。

28. 4月 2015 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment

プリザーブドフラワーはプレゼントに最適

プリザーブドフラワーは枯れることがなく、長い期間その美しい姿を見せてくれるとても素晴らしいものですが、今では多くの方がプレゼントとして利用されています。

生花と違い、プレゼントした相手の飾る手間や手入れにも手間をかけさせることがないため、相手にも喜ばれます。

もしお祝いごとで相手にプリザーブドフラワーをプレゼントした場合ならばその時の思い出が「枯れずに」残りますね。


状況によってプリザーブドフラワーのアレンジを変える

プレゼントするお相手が誰なのか。どんな状況で、どんなお祝いの節目にプレゼントするのかでその時に合った花の種類やアレンジの形は変わってきます。

誕生日や母の日、他にもさまざまなお祝いごとに対応したプリザーブドフラワーを選ぶことができます。もらった相手に長く楽しんでもらうことができるプリザーブドフラワー。プレゼントにうってつけだと言えますね。


価格帯でも選ぶことが切る

プレゼントしたい。でもお金が不安。という方も今では多くのショップが価格帯でアレンジや花の種類を選ぶことができるサービスを行っています。この金額までなら出せる…!という方はここから選んでプレゼントを検討してみるのが良いかもしれません。

28. 10月 2014 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment

プリザーブドフラワーのバリエーション・光る花

プリザーブドフラワーの楽しさは、生花と同じような風合いで長持ちするということもありますが、生花にはないバリエーションが作り出せるということにあります。
例えば色も然りで、生花にはない色が、プリザーブドフラワーにはあり、レインボーローズという虹色のバラが人気です。
「ガラスの仮面」の漫画の中に都度都度出てくる紫の薔薇に憧れて人も多いでしょう。
生花では大変高価なものでしたが、比較的安価にプリザーブドフラワーでは紫の薔薇でブーケを作ることもできます。
その他にもアイデアひとつでバリエーションが広がります。


<光るバラのバリエーション>

使用する溶剤が発光するものであれば、それを染みこませたプリザーブドフラワーも発光します。
蛍光塗料は発光色の種類も増えています。
プリザーブドフラワーの花色と発光色の組み合わせで数種類出来ることになるのです。
花色はピンク、イエローオレンジ、パープル、パステルカラー、レインボー、レッドなどがポピュラーですが、発光色には青色や緑色があります。
これだけでも組み合わせがグッと増えることになります。
発光塗料は蛍光灯に10数分照らされることでも発光することができますので、太陽光の照射で劣化することもありません。

28. 8月 2014 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment

プリザーブドフラワーは生花に比べて見劣りしない?

造花などで良くあるのが、生花に比べて見落としてしまうという点でしょう。スキルもかなりある人が造花をすればそれなりに見劣りしない造花を作ることはでいるのです。そこで、プリザーブドフラワーは普通の鼻に比べて見劣りはしないのでしょうか。


<プリザーブドフラワーは生花から作るから形状自体は普通の花と同じ>

プリザーブドフラワーは、普通の生花から加工されて製造されます。色は加工されますが、形状自体は普通の生花通りの形状を保った度下りの仕上がりです。ですから、遠目で見ても普通の花と何ら変わりないように見えることでしょう。


<柔らかさやみずみずしさは?>

柔らかさやみずみずしさはどうでしょうか。これも、水分は一応抜かすのですが、一応グリセリンや着色料などの液体を花にしみこませます。ですから、みずみずしさは自然なものではありませんが造花に比べてかなりみずみずしく、柔らかい仕上がりとなっています。


<色は?>

色は、改めて着色料で色を改変します。もちろん、元のお花の色を作って着色すれば普通の鼻と同様になります。しかし、プリザーブドフラワーの良い所は自然界になさそうな色に着色できる点にもあるのです。プリザーブドフラワーは自然な花を保存するのにも、自分でアレンジするのにも優れています。

30. 5月 2014 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment

あの日の感動をプリザーブドフラワーと共に語る

出産祝いに、子供の生まれた季節の花を贈ると子供が産まれた季節にはこんな花が咲くのだと、その花が咲く季節を忘れないものです。その花を見ると産まれた時の感動もよみがえるものです。いつまでもその感動を忘れずにいたいと思う方には、その花をプリザーブドフラワーにすることをおすすめします。見た目は生花と間違うほどですので、美しいままの状態でいつまでも楽しむことが出します。


<子供に生まれた季節の花と共に思い出を話す>

子供の誕生日を忘れないものですが、「その時に咲いていた季節の花は何」?と聞かれると覚えていない方は多いのではないでしょか。出産祝いに花を頂くことも多いと思います。その中にはその季節の花を贈る方もいます。その花を子供の産まれた季節の花と忘れないように、プリザーブドフラワーで長期保存加工すればいつまでも美しい状態で楽しむことが出来ます。子どもが成長した時に「あなたが産まれた時にはこんな綺麗な花が咲いていたのよ」と産まれた日の話をしてあげることも出来ます。あの日の感動をいつまでも忘れず、また子供にその時お父さんとお母さんはどんなふうに思ったなど、話をしてあげられるようにプリザーブドフラワーはそのお手伝いをしてくれる花です。

11. 4月 2014 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment

繊細な色使いのプリザーブドフラワーとは

誰もが好きで愛着のあるお花と言えば生花が一番で、他には造花やドライフラワーを思い浮かべます。ところがあまり知られていない花で、とても繊細な色使いと大変長持ちする花としてプリザーブドフラワーが注目されています。


プリザーブドフラワーとはどんな花か?

フランスで生まれたプリザーブドフラワーは、新鮮な花を脱色液に入れた後に特殊な潤滑液入り着色液に付けて完成させます。繊細な色付けは着色液を生花が吸い上げることで出来上がるため、着色の色合いにより美しい色取りとなります。花は新鮮な生花を使用していますので、生花と全く遜色のない質感で楽しめます。又、水をあげる手間も必要なく、保存条件によっては一年~数年に渡ってみずみずしさを保ち続ける素敵な花です。


人気がありこれから先も注目される花です

今まで主流の生花は寿命が短く、1週間もすると枯れてきます。又、造花は長持ちしますが繊細な色合いや質感が今一です。それに対してプリザーブドフラワーは、生花の質感と生花以上の繊細な色合いを演出し、手間いらずで大変長持ちします。贈り物にすればいつまでもその美しさを鑑賞いただけ、心から喜ばれることでしょう。現在ではブーケ風の形や鉢花風など、色々なタイプが登場して来ています。これから益々注目される花だと思います。

24. 3月 2014 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment

まだ新しいプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーと聞いただけでは、分からない人も少なくないと思います。実際にお花を見ると、知っているという人は多いのではないでしょうか。人気の高いプリザーブドフラワーの歴史はまだ浅く、日本に上陸して約20年となります。


プリザーブドフラワーの誕生

ブリュッセル大学とベルリン大学、フランスにあるヴェルモント社により研究を重ね、1991年プリザーブドフラワーの開発に成功し、ヴェルモント社が長寿命の切花製法として国際特許を取得しました。パリで発表したのをきっかけに、プリザーブドフラワーはヨーロッパの各地で注目され、人気と共に人々の暮らしの中でも定着していきました。その後1993年、日本高級インテリア市場国際貿易展に出展され、初めて日本にプリザーブドフラワーが上陸しました。


増え続けるプリザーブドフラワー

始めて日本に上陸したプリザーブドフラワーはベルギー産のものですが、日本でも生産を始め2002年に国産のプリザーブドフラワーが誕生しました。すぐに人気は広まり、ギフトとして様々な用途で利用されるようになりました。現在ではプリザーブドフラワーの本や教室、通信講座などがあり自分達でプリザーブドフラワーを作成する人も増えています。加工技術の向上により、年々新しい種類の花が出るプリザーブドフラワーの人気は、これからも増え続けるでしょう。

19. 2月 2014 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment

プリザーブドフラワーは壁掛けアレンジもできます

プリザーブドフラワーは色々なアレンジの仕方がありますが、今では壁にかけるリースもあるみたいですよ。
クリスマスリースのような形をしていますので、壁に掛けやすいかと思います。
テーブルなどに飾るのも良いですしキャンドルとして楽しむのも良いですが、リースとして壁にかけてお部屋のイメージを変化させるのもお勧めです。
恐らくテーブルなどにおくタイプよりもこちらのリースタイプを求めていた方も多いのではないのでしょうか?


プリザーブドフラワーはカラーが豊富

プリザーブドフラワーはカラーが豊富にありますので、その中から選ぶのが楽しいのではないかと思います。
生花ではなかなか見られないブルーローズもありますので、そういった珍しい色のお花を見つけることもできます。
そういった色を組み合わせてご自分で作られるのでも良いですし、出来ているものを購入されるのも良いかと思います。


楽しみ方は人それぞれだから大丈夫

皆さんの中にはこういう楽しみ方って自分だけかもしれない・・・と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが楽しみ方はその方によって違いますので、それで良いのだと思います。
プリザーブドフラワーは色々なアレンジの仕方がありますからどれが正解とか間違いとかないと思いますので、ご自分の楽しみ方で楽しまれてはどうでしょうか。
今はご自分でも作ることが出来ますので、たった一つだけのプリザーブドフラワーを作ってみるのも良いかと思いますよ。

18. 2月 2014 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment

プリザーブドフラワーのキャンドルがある

プリザーブドフラワーは現在人気がある商品となっていますが、今はプリザーブドフラワーのキャンドルというものもあるみたいですよ。
てっきりお花だけだと思っていたのが恥ずかしく感じてしまいます・・・キャンドルにして楽しまれている方もいらっしゃるみたいです。
ロウの上にプリザーブドフラワーが乗っている物なのですが、とてもおしゃれで可愛いもの多いですので女性の方にはとてもお勧めです。


プリザーブドフラワーキャンドルは手作りもできる

小さな入れ物などに溶かしたロウを流し込み、プリザーブドフラワーのパーツなどを集めて飾っていきますと世界に一つだけのキャンドルを作ることが出来ます。
どのようなものを作りたいのか前もって考えておくと良いかと思います。
また、お子さんと一緒に作ったり仲の良いご友人と作ったりしても楽しいかと思うので、興味のある方は試してみて下さいね。
もちろん、お店で注文することもできますのでそちらで購入されても良いかと思いますよ。


クリスマスなどに活用できる

キャンドルですので、クリスマスやお誕生日の時にとても活躍するのではないかと思います。
電気を消してキャンドルに灯りをともしたら、お花も薄暗い中で見ることが出来て素敵な雰囲気を作り出すことが出来て思い出作りにつながるのではないかと思いますが、皆さんはどう思いますでしょうか?
素敵なプリザーブドフラワーで大切な時間を盛り上げてみませんか?

18. 2月 2014 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment

母の日にプリザーブドフラワーを贈ろう!

母の日にお花を贈られている方も比較的多いのではないかと思うのですが、生花ですとやはり長く保ったとしてもそれほど長くはないですよね?
やはりお花も私たちと同じで生きているので、限りがありますがプリザーブドフラワーは枯れにくい加工を施しているものですので美しいまま2~3年保つことが出来るみたいですよ。
ですから母の日に贈られてその思い出をいつまでも家に飾っておくことが出来たら素敵だとは思いませんか?


プリザーブドフラワーの不思議なこと

なぜプリザーブドフラワーは枯れにくいと言われているのか、それはお花の水分を抜き取ってグリセリンなど特殊な液体を吸わせているからなのだそうです。
ドライフラワーは自然乾燥ですがこちらはまた手法が違いますので、お水を与える必要もありません。
お水を与えてしまいますと脱色してしまいますので、避けるようにして下さいね。
加工をされているから枯れにくいと言われてもなんだかまだ不思議な感じがしますね。


枯れにくくて美しいから選ばれている

プリザーブドフラワーをプレゼントや贈り物として選ばれている方は最近になって少しずつ増えてきています。
やはり長く保つことが出来て手間もかからないというところが魅力なのだと思います。
また、花粉症の方もその心配がありませんので安心してご自宅に飾ったりそういった方に贈ることもできて良いかと思います。

18. 2月 2014 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment

プリザーブドフラワーとドライフラワーの違いは?

皆さんはプリザーブドフラワーとドライフラワーの違いについてご存知でしょうか?
ドライフラワーは自然乾燥させたものを指しているそうで、プリザーブドフラワーはお花の水分を抜いて特殊な液体を吸わせて作っている物だそうです。
プリザーブドフラワーは長持ちする様に加工されたお花の事なんです。
美しさをいつまでも保つことのできるものですので、非常に人気のあるお花なんです。
ただ、お水を与えてしまいますと脱色してしまいますので注意して下さいね。


プリザーブドフラワーは枯れないの?

皆さんの中にはプリザーブドフラワーは枯れないのか?と疑問に思っている方もいらっしゃるかとおもいますが、そういうわけではなくあくまでも枯れにくいお花です。
取扱い方がひどいと傷んでしまいますので長く保てません。
ですので、生花と同じよう丁寧に取り扱っていただく必要があります。
繊細なものですので、大事に扱うようにしていただければと思います。
ケースの中に入れたままにしておいた方がさらに長持ちするかと思いますよ。


どれくらい保てるのか知りたい

このお花は2~3年美しい状態を保つことが出来るみたいです。
保存の状態が良ければ10年は楽しめると言われていますので、非常に長い事保つことが出来ます。
少しずつお花の色が変化してきますが、それもプリザーブドフラワーの魅力の一つだそうですので楽しまれるのが良いかと思います。
少しずつ色が変わってくるのは見ていて楽しいですし、一緒に同じ時間を生きているという事ですのでなんだか家族みたいですよね。

18. 2月 2014 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment

プリザーブドフラワーは男性にも良いですよ!

プリザーブドフラワーといえばなんだか女性のイメージが強いかと思いますが、最近では男性向けのプリザーブドフラワーというものも販売されています。
女性から男性へ贈るために作られたものだと思うのですが、どれもシックな感じで品のあるものが多いですので、男性が受け取っても喜ばれるのではないかと思います。
やはり紺などをメインとしたものが多いので落ち着いた雰囲気が出ていて良いかと
思います。
お花もバラなどがメインですので凛としていて格好いいイメージだと思います。


プリザーブドフラワーは男女ともに人気です

女性が友人などに贈ることも多いですが、最近では男性が女性のお誕生日などに贈られることも増えてきているみたいです。
男性はシャイな方が少々多いかと思っていたのですが、そんなことはなかったのですね。
贈られた女性の方はとても喜ばれるでしょうね!
お好きなお花と色を選ぶことが出来ますので、お相手のお好きなお花について事前に聞いておいて贈るのも素敵ですよね。


ここには注意して下さいね

プリザーブドフラワーを飾る上で気を付けておきたいのは決してお水を与えてはいけないという事です。
これはお花の脱色に砂がってしまいますので禁止されていますので、キッチン周りや
湿気の多いところにも気を付けるようにしましょう。
生花と同じよう丁寧に取り扱っていただく必要がありますので、大事に保管してあげて下さいね。
美しさをいつまでも保って素敵な日々を過ごしましょう。

18. 2月 2014 by skadmin
Categories: プリザーブドフラワー | Leave a comment